ホットプレートの簡単お手入れ

頑固な汚れを落とすときの裏技

薬品を使わない方法

特に強力な洗剤や薬品を使うこともなく、こびりついてしまったコゲを取り除く方法があります。
使うものは、どこのご家庭にもある「氷」ですから、安心して使えますよ。
用意するものは氷とキッチンペーパーと菜箸。
菜箸は、あまりかたい素材やとがったものでない方がプレートを痛めないのでお勧めです。
手順としては、まず、焦げ付いてしまっているホットプレートを温めます。
温度が上がったら、焦げ付きの上に氷を置きます。
そして、氷が溶けだし、蒸発する一歩手前に、焦げ付きが浮き上がってきますので、菜箸とキッチンペーパーでそっとふき取ります。
プレートが熱くなっていますから、処理するときにはやけどに気を付けて行うようにしましょう。

口に入れても大丈夫な素材で

すっかりお掃除の定番となっている重曹は、ホットプレートの清掃にも力を発揮してくれます。
重曹は、お菓子や料理でも、ふっくら仕上げるために使用されることもある素材ですので、口に入っても心配が少ないのが特徴です。
重傷はアルカリ性、油汚れは酸性なので、交じり合うと水に溶けやすい物質になります。
ホットプレートに水を入れて熱したところに、大さじ2杯程度の重曹を入れます。
重曹が泡立ってきたら、スイッチを切ります。
やけどしない程度の温度になったら、柔らかいスポンジでコゲや汚れをこすり取ります。
プレートが取り外しできないタイプの場合は、重曹を水で溶いてペースト状にしたものを、コゲや汚れの上に塗り、しばらく置いてからキッチンペーパーなどでふき取ってみてください。
重曹は、においを取る効果もあるので、食材のにおいをとる効果もあります。