ホットプレートの簡単お手入れ

おうちごはんの新しい主役

プレートが温かいうちにやっておくこと

ホットプレートを使った後、そのまま放置してしまうと。油汚れや焦げ付きが落ちにくくなります。
時間がたってから洗うと、洗剤を使ってもきれいに落ちない、なんてことも。
汚れやコゲを残してしまうと、次に使った時に、さらに、その部分に汚れが付きやすくなってしまいます。
プレートの汚れ落としは、使い終わって、まだ温かいうちにひと手間がポイントです。
まずは、残っている食べかすを取り、油がたまっている場合はキッチンペーパーなどを箸を使ってふき取ります。
直接触るとやけどするので気を付けて。
油汚れのあるお皿をお湯で洗うと、素早く落とせる原理と一緒ですね。
それに、プレート面にフッ素加工などが施してある場合、食べかすがずっと乗っているのは劣化の原因にもなってしまいます。

洗っても落ちない?

最近のホットプレートは、プレートを取り外すことができるものがほとんどです。
使用後、温かいうちにあらかたの汚れをふき取ったら、シンクで洗い流しましょう。
食器用の中性洗剤で大丈夫です。
この時、できれば柔らかいスポンジで洗うようにします。
プレートの表面にはフッ素樹脂加工などで焦げ付きにくく加工されている場合が多いです。
かたいスポンジや金属製のタワシなどでこすると、表面を傷つけてしまうこともあり、そこから水分が入り込むと、塗装が剥げる原因になることもあるからです。
洗い終わったらしっかりと水気をふき取り乾かすように心がけましょう。
洗っても取れないしつこい汚れやコゲ付きがある場合は、プレートに水を張って加温し、沸騰させてみましょう。
汚れが緩んで取れやすくなります。